プロバイダの役割、回線業者との違い

 

自宅でインターネットを使いたいと考えたときに、まずしなくてはいけないことがあります。それは「インターネットを利用するための機械を用意し」「インターネットを使うための道を整え」「インターネットの世界へ入るための鍵の手配をする」ことです。

 

インターネットの世界を利用するための機械はパソコンやスマホなどで、これはインターネットを使いたいと思った人がまず最初に「用意しなくては」と頭に浮かぶものではないでしょうか。

 

けれどインターネットを使うための道を整えること、世界に入るための鍵を手配するという二つの準備は、詳しい人でないと気づきにくいポイントです。

 

インターネット、特に最近主流になっている光回線のインターネットを使うためには「回線事業者」と契約をすることで「道を整え」さらに「プロバイダ」と契約をすることで「世界に入るための鍵」を手にいれる必要があります。

 

光回線のインターネットは文字通り「回線」の中を通る信号を使って通信を行います。この信号が通る道を用意しないことには光回線でインターネットを利用することができません。

 

インターネットにつなげるための回線を用意するのが「回線事業者」です。日本国内の大手の回線事業者のひとつに「NTT」があり、「フレッツ光」という名前でサービスを提供しています。インターネットの仕組みがよくわからない人でも「フレッツ光」の名前は聞いたことがある、という人は多いのではないでしょうか。

 

フレッツ光はNTTの電話回線を利用してサービスを提供しています。電信柱から伸びているあの電線が、光回線インターネットの「回線」として使われているのです。回線事業者にはほかにKDDIやケーブルテレビ局などがありますが、いずれも利用を希望する人の家まで「線」を伸ばしています。

 

インターネットを使うために必要な「道を整える」とは、線を引いてインターネットを使うことができる状態にすることです。けれど「線」が届いているだけではインターネットの世界へ入ることができません。インターネットの世界へ入るためには鍵が必要で、この鍵の手配を「プロバイダ」に頼む必要があります。

 

私たちはプロバイダと契約をすることで、インターネットの世界へ入るための「鍵」(IPアドレスと呼びます)をもらい、はじめてインターネットを楽しむことができるようになるのです。プロバイダは日本国内に大小合わせて数百社存在しています。インターネットを使うためにはこれら3つのプロセスが必要で、どれがかけてもインターネットを使うことができません。

 

 

プロバイダを選ぶポイント

 

インターネットを使うためにはプロバイダと契約をしなくてはいけない、ということがわかりましたが、プロバイダは非常にたくさんあるため、どこを選べば良いのかという問題が発生します。まず一つ注意したい点は、光回線を使う場合、選ぶ回線事業者によってプロバイダが指定されるケースが非常に多いということです。

 

たとえばフレッツ光であれば非常に多くのプロバイダから選ぶことができますが、auひかりは7つのプロバイダからどこを選ぶかを選択します。ソフトバンク光はプロバイダも自動的にソフトバンクになり自分で選ぶことができません。

 

現在どこかのプロバイダとすでに契約がある場合は、光回線にすることでプロバイダが変わる可能性があります。プロバイダが変わるとメールアドレスも自動的に変わりますので、プロバイダからもらったメールアドレスを使っている人は注意が必要です。

 

またプロバイダごとに利用料金やサービス内容、サービス提供地域が異なります。「いいな」と思ったプロバイダでもご自身が住んでいるエリアがサービス対象外では使うことができません。まずはプロバイダのサービス対象エリアを確認しましょう。

 

またプロバイダはインターネットへの接続やメールアドレスの提供という基本的なサービスのほかにも様々な独自のサービスを行っています。最近多いのが映画やアニメ、音楽などのコンテンツ配信です。またレジャー施設利用の割引を受けられたり、プロバイダ独自の仮想空間コミュニティの利用ができるケースもあります。

 

プロバイダに加入していなくてもコンテンツの利用ができますが、会員になることで特典や割引がある場合が多いので、プロバイダ独自のサービスをチェックしてみると良いでしょう。

 

 

筆者自身がプロバイダを選ぶ際に重視している事

 

私自身がプロバイダを選ぶ際に重視することは、なんといっても「安さ」です。また速度や安定性もプロバイダによって異なります。「できるだけ安く、早い速度で快適につかうことができるプロバイダ」が一番です。

 

料金はプロバイダのウェブサイトで確認できますが、「快適に使うことができるのかどうか」については他のユーザーの感想を知りたいところです。こんなときに参考になるのが、価格ドットコムなどのレビューやツイッターでのつぶやきです。

 

とはいってもインターネットは利用環境によって速度が異なりますので、あくまで参考程度にとどめますが、あまりに評判が悪いと感じるプロバイダはこの時点で除外します。

 

またプロバイダの多くが加入時になんらかの特典を設けており「最初の3ヵ月無料」「○円キャッシュバック」などユーザーに料金的なメリットがあるものが多数あります。ところが特典を受けるためには加入してから○か月後にキャッシュバック申請をしなくてはいけないなど面倒な手順を踏まなくてはいけない場合もあります。

 

のちほど面倒な申請をせずとも簡単に特典を受けることができるプロバイダも重要です。さらに忘れてはいけないのが、光回線でインターネットを利用する場合、回線事業者とプロバイダそれぞれに料金を支払う必要があります。ところが最近、この二つの料金をまとめて回線事業者に支払えばよい、というサービスを提供する回線事業者が増えてきました。

 

この場合、料金の支払先が一つにまとまるだけでなく、値段もそれぞれ別々に支払うよりも安くなるケースが多いのです。値段・快適さ・口コミでの評判。この三点を総合して、最も良いと思うプロバイダを選びます。