NURO光 マンション向けの料金について調べました

 

関東圏ではとにかく「安くて早い光回線」ということでNURO光に注目が集まっています。以前はいろいろと制限があったマンションでも加入しやすくなっているので、「うちでも加入できるかな」とワクワクしている人も多いのではないでしょうか。NURO光forマンション、そしてNURO光マンションミニタイプについて詳しく調べてみました。

 

NURO光forマンション

NURIO光forマンションは、3階建て以上の集合住宅で申し込みができるマンション向けの光インターネットサービスです。同じマンションで4人以上の申込者が必要であるという条件がつきますが、料金は戸建て向けやマンションミニタイプよりも格段に安いという特徴があります。

 

NURO光forマンションの月額料金

NURO光は最大2Gbps(上り最大1Gbps、下り最大2Gbps))で使うことができる高速の光回線インターネットです。気になる月額料金はマンション内に何人のユーザーがいるかで料金が変わってきます。

 

たとえば同じマンションに4人〜6人のユーザーがいれば月額4,500円。7人になると2,400円、8人で2,300円、9人で2,200円と7人目からは100円ずつ料金が下がっていきます。最大は10人以上で月額1,900円と驚きの低価格です。

 

この料金の中には無線LANの料金も含まれており、非常にお得です。※料金はすべて税抜き

 

NURO光forマンションの月額料金は、月額基本料金とHands-up会費の合計額です。月額基本料金は利用者が何人でも1,600円ですが、Hands-up会費が900円〜300円と、利用者が増えるごとに値下がりします。このHands-upとはマンション内に光回線の導入が決まると設立される任意団体で、NURO光マンションプランを利用するためにはHands-upに加入することが条件となります。Hands-up会費は設備導入費や維持費に使われます。

 

同じマンション内に利用者が増えるとHands-up会費が安くなりますが、これは毎月1日時点での契約者数によって確定します。

 

NURO光forマンション加入の条件

NURO光forマンションは、サービスエリア内なら誰でも加入できるわけではなく、マンション内に4人以上の申込者が必要です。4人に満たない場合は申し込みをすることができません。また3階建て以上の集合住宅であることも条件です。

 

もし4人の申込者が集まらない場合で、5階建て以内の集合住宅であれば、戸建て向けのNURO光へ加入することができます。

 

4人以上の申し込み希望者が集まると、代理店が管理組合やオーナーに交渉をします。マンションに設備がない場合は設備導入の工事が必要となるため、開通までしばらく待つ必要があります。

 

一方すでに設備とサービスが導入済のマンションもあり、NURO光のウェブサイトから検索することも可能です。https://nuro.jp/mansion/service/neworder/

 

自分が住んでいるマンションがすでにNURO光forマンションのサービスを提供されている場合は申し込みから開通までがスムーズですね。

 

NURO光マンションミニタイプ

NURO光マンションミニタイプはマンションに住んでいても加入が可能な、戸建て向けのNURO光と同じ内容です。こちらは5階建てまでの集合住宅に対応しており、同じマンション内にNURO光の加入希望者がいない場合でも利用が可能です。

 

NURO光マンションミニタイプの月額料金

回線使用料やプロバイダ料金、機器の料金とセキュリティすべてが込みで月額4,743円です。NURO光forマンションに比べると高額に感じますが、他社の光回線と比較した場合、2Gbpsという速度も考慮すると格安であるといえます。また各種キャンペーンが行われており、様々な割引があります。

 

さらにソフトバンクの携帯電話を使っている人は「おうち割光セット」が適用になり、ソフトバンクの料金が割引されます。

 

NURO光マンションミニタイプのキャンペーン

NURO光の公式サイトから申し込みをすると以下の特典があります。

 

  • 開通月の料金が無料
  • 2ヶ月目〜12か月まで割引があり、月額料金が2,980円
  • 13ヶ月目〜31ヶ月目までは4742円
  • 工事費は開通月翌月から30回に分けて請求されるが、割引があり実質無料
  • また2016年9月はPlayStationR4引換えクーポンのプレゼントが有。

他に代理店を通じて申し込みをすると、高額キャッシュバックなどの代理店ごとで設定したキャンペーンを受けることができます。しかし高額キャッシュバックなどのキャンペーンにはオプションの加入が条件など、縛りがある場合が多いため注意も必要です。代理店を通じて申し込みをする場合は、加入時にキャンペーンを受けるための条件をしっかりと確認しておきましょう。

 

工事費の支払い方法が違う

NURO光forマンションとNURO光では月額利用料金だけでなく、工事費の支払い方法にも差があることに注意しましょう。

 

NURO光forマンションは宅内工事費が40,000円必要となります。この料金は36ヶ月の分割払いで支払います。一方NURO光も40,000円の工事費が必要ですが、1,333円×30ヶ月分とし、毎月の料金から割り引くことで実質無料となっています。

 

なおNURO光は基本的に2年契約ですが、2年では工事費の分割払いが終了しないため、初回は実質4年での契約だと考えたほうが良いでしょう。

 

マンションに住んでいる人がNURO光に加入するためには、NURO光(戸建てと同じ)かNURO光forマンションを選ぶことができます。

 

しかしNURO光forマンションは3階建て以上であり、マンション内に4人以上の加入希望者が集まらないと加入することができません。3階建て以下、4人集まらない、という人で5階建て以内の建物に住んでいる場合は、戸建て向けのNURO光に加入することが可能です。

 

NURO光forマンションとNURO光では月額利用料金が異なりますが、加入希望者への門戸は比較的広く開かれていると言えます。