NURO光に関する各評判について分析してみました

 

できるだけ快適に、速い速度で安くインターネットを利用したい。誰もがそう考えるのではないでしょうか。筆者自身はずっとモバイルWiFiを使用していますが安定性に欠けるため光回線への乗り換えを検討しています。

 

その中で興味を引かれるのが、安くて高速のNURO光です。NURO光を乗り換え先の第一候補として、実際に使っている人の評判をチェックしてみました。

 

1、回線速度について

 

他の光回線は最大速度が1Gbpsであることに対し、NURO光は2Gbpsと抜きんでて高速な通信ができるという点がNURO光のウリです。NURO光に乗り換える人は「より速く」という部分を求めて乗り換える場合が多いようです。

 

実際に乗り換えた人のコメントを確認してみると「非常に高速になった。大満足」という人が多い反面、「遅くなった」とコメントをする人も。

 

速度が速くなったと感じる人は計測すると700〜900M近く出ているというコメントが目につきました。また開通当初は速度が出なかったという人でも、セキュリティソフトの変更・LANポートの変更で速度が改善したというケースがありました。

 

また速度は20Mくらいだけれど不自由は感じていないという人がいる一方、20M〜30Mしか出ていないので不満だとコメントをする人も存在し、どの程度の速度が出れば満足をするかという点でも個人により差があります。

 

インターネットの回線速度は利用環境によって大きく左右されるため、実際に使ってみるまではどれだけの速度が出るか分からないという側面があります。
速度が出ないために解約したという人は、解約のための違約金と工事費の残金を支払わなければならず、数万円の支払いが必要になるため非常に悪い印象が残るようです。

 

 

2、料金について

 

そもそもの料金が回線使用料金+プロバイダ料金で月額4743円とリーズナブルです。その点だけでも「評価する」という声があり、さらに加入時のキャンペーンの適用でキャッシュバックがある人や割引がある人にとってはより「乗り換えて良かった」「加入してよかった」という結果になっているようです。

 

その一方、代理店を経由して申し込みをしたのであろうと思われるユーザーからは、「不要なオプションが付けられていて、余計に金額がかさんだ」というクレームも存在します。オプションの解約についても、すぐに解約にならずトラブルになったという声も見られました。

 

また請求書が見難い、分かりにくいという声も複数あり、請求書を見て内容をすぐに把握できなかったという点も「不要なオプションがあることにすぐに気づかず、オプションの解約が遅れたために余計に料金がかかった」という不満につながるようです。

 

ただしソフトバンクユーザーからは、「おうち割」が適用になるため、携帯料金が安くなって良かった、という声が多く上がっています。

 

 

3、開通工事について

 

NURO光について、速度や料金で満足をしている人でも開通工事については不満を感じている人が多く、その点が気になりました。

 

NURO光の開通工事は宅内工事と屋外工事、2回の工事が必要です。それぞれ工事の手配を行わなくてはならないため、申し込みから開通まで2ヶ月ちかくかかる、というユーザーが多く、「急いで開通させたい人にはおすすめしない」というコメントが複数見られました。

 

また工事の手配に関しても不手際がある場合があり、なかなか工事されないケースや工事日が決まらず開通がどんどん先延ばしになってしまうケースがあるようです。ケーブルテレビの光回線が最短4日で開通するのに比べると、開通するまでが長いという印象はあります。

 

ただし開通まで2ヶ月という長さが、それほど「時間がかかりすぎている」のかどうかといえば、フレッツ光でも1ヶ月程度かかりますし、他社でも1ヶ月〜2ヶ月というところが存在します。しかし工事が2回必要という点に関しては、確かにユーザーからすると「もっと簡単にできないのか」という感情になることは理解できます。

 

速度について不満を訴えるユーザーもいますが、700M〜900Mは出ているというユーザーの声を見ると非常に魅力的ですし、速度については利用環境や個人が求める基準が異なるため、それほど心配しなくても良いのではないかと感じました。少なくとも筆者が現在使ているモバイルWiFiよりは安定して高速で使うことができそうです。

 

また料金についても、公式サイトから申し込みをすると4743円の月額料金が最初の1年間は2980円まで安くなるため、ソフトバンクユーザーでなくても非常に魅力的です。

 

ただし開通まで時間がかかり、複数回の工事が必要という点に着目すると申し込みを躊躇してしまいます。また2年間の継続利用が条件となっており、工事費が30回の分割での割引になるため実質4年間は継続利用しなければ、解約するときに違約金や工事費残額の支払いなど不要な出費が増えてしまう点も加入について躊躇する点です。

 

しかし「関東に住んでいてNURO光を使わなかったら、どこの光回線を使うのだ」というくらいに満足して使っているユーザーも存在し、その意見にも深く頷くことができます。たしかに速度を求めるユーザーにとっては、関東では右に出るものはいない魅力的なサービスを提供している業者だといえます。